利用する前に要確認!事業者ローンについての情報

男性達

今日中にお金が必要なら

紙幣

今日中にお金を用意しなくてはいけなくなったら消費者金融の即日融資が便利です。誰にも会わずにお金を借りることができ、審査に通ればすぐに自分の口座にお金を振り込んでもらうことができます。ネットで申し込むことが出来る他、自動契約機も利用できます。

View Detail

利点の多い決断

模型とお金

住宅ローンの借り換えは金利が下がることになるため返済額が減る利点があります。また、住宅ローンの借り換え先は金利を比較して選ぶことが大切です。金利の低い借り換え先を発見できれば返済の負担は減るため、生活に余裕が生まれます。

View Detail

即日融資を受けるには

クレジットカード

キャッシングの即日審査を受けても遅い時間に申し込みをすると、即日融資が受けられない場合があるので注意が必要です。早い時間に申し込みをするか自動契約機を利用すると良いでしょう。自動契約機なら土日祝日でも利用できます。

View Detail

利用前に確認しよう

電卓と硬貨

なぜ人気なのか

事業者ローンを取り扱う企業が増えた要因として、総量規制の存在があります。総量規制とは貸金業に対して行われる規制の一つで、個人に対して年収の三分の一以上の貸付を行ってはならないという物です。そのため金融機関として個人に大金を貸し付けるということは難しくなりました。総量規制はいくつか例外規定があるのですが、その中の一つに「法人・個人事業主向けの貸付」は例外であるという規定があります。そこで消費者金融を始めとしたノンバンクは例外の事業者ローンを取り扱うようになり、競争が進み人気が出てきているというわけです。また競争の結果、以前は珍しかったローンカードを提供する事業者ローンが現れるなど、利用者にとってもメリットが大きくなったというのも理由となっています。

利用できる範囲

事業者ローンを利用できる範囲と言うのは、法人、または個人事業主が利用する場合となっています。具体的には設備資金や銀行の融資をまつまでのつなぎ融資、従業員の給料などです。ですから事業者ローンは個人用途では使うことができません。会社の経営が苦しく、自分の蓄えを運転資金に回したので生活費がない、という場合などは個人利用になるのでカーローンの管轄となります。きわどい部分として自営業者が自宅件オフィスと使っている場所の家賃や、パソコンなど個人向けに転用ができる備品などがあげられますが、利用目的として迷った場合などは利用する金融機関に一度相談してみましょう。因みにカードローンの場合「個人用途」という条件がついているので事業者ローンのような使い方はできません。